分析

バリューチェーン分析

バリューチェーン分析

分析

バリューチェーン分析とは、顧客に価値を提供する流れを分析することです。
「価値の連鎖(Value Chain)」という言葉は、アメリカの経営学者マイケル・ポーター氏が1985年の著書『競争優位の戦略』の中で用いたものです。

バリューチェーン分析は、次の2つの活動をもとに分析します。

・主活動:(顧客に)商品が届くまでの流れ。購買物流、製造、出荷物流、販売など
・支援活動:(顧客へ)商品を届ける流れ。全般管理、人事労務管理、技術開発など

「どこで価値が生まれるのか?」というところがポイントです。
バリューチェーン分析を行うことで、自社の強み・弱みを把握したり、競合他社の戦略を予測したり、コストを削減したりできます。

バリューチェーン分析