採用

適性検査

適性検査

採用

適性検査とは、対象者にどのような適性があるのか、あればその程度を調べることです。
一般的に、適性検査は受検者全員が同じ条件によって受けるもので、進学向けや人材育成向けなど、様々な事柄で行われます。
雇用の際に行われる「職業適性検査」は、適材を選抜し、適所に配置するために実施されます。職業適性検査によって、学歴や職歴にとらわれない客観的な判断材料が得られるでしょう。
職業適性検査は、従来、新卒採用の一次選考に取り入られていましたが、近年では中途採用でも用いられる傾向にあります。
職業適性検査によって、予想していなかった職種が自分に向いていることがわかるかもしれません。

適性検査