人材育成

ティーチング

ティーチング

人材育成

ティーチングとは、知識や経験の少ない相手に、知識やスキル、問題の解決方法などを教えることです。
学校の教育方法でたとえると、先生が生徒に教育するように、対象者にノウハウを一方的に教えることで目標達成を促していきます。
ティーチングでは、以下の3つのポイントが重要です。

・WHY(なぜそれをやらなければいけないのか)
・WHAT(何をやろうとしているのか)
・HOW(具体的に、どのようにやるのか)

ティーチングが有効なのは、物事の基礎を伝えたいときです。
「答えは教える側が持っている」という立場のもと、指導者は「ティーチ(teach:教える)」側に回らなければなりません。
ただし、一方的なコミュニケーションになるため、高圧的な態度にならないように注意しましょう。

コメントを残す

CAPTCHA


ティーチング