会議

すごい会議

すごい会議

会議

すごい会議とは、主体性を引き出す育成手法であるコーチングをベースに開発された会議のことです。
開発者はアメリカのハワード・ゴールドマン氏。1970年代に「人のパフォーマンスを上げる効果的な会話の方法」を研究し、体系的な理論にまとめました。
すごい会議は以下のような大手企業に取り入れられ、会議の質とスピードを圧倒的に高めています。

【アメリカ】
・アップル
・アメリカンエクスプレス
・P&G
など

【日本】
・ソフトバンク
・資生堂
・JR
など

すごい会議では、問題を共有する際に、「どのようにすれば〜だろうか?」という言葉に言いかえます。
会議中の発言は、「意見」ではなく「提案」「リクエスト」「明確化を目的とした質問」のいずれかを選びます。
個人の意見はすべて紙に書いてから発表し、良い意見があれば、周囲は素直に肯定的な反応を示すというルールがあります。

すごい会議