人事制度

組織診断

組織診断

人事制度

組織診断とは、組織の状況を知るために行う意識調査です。
組織の一人ひとりが自組織の現状に関する共通の認識を持ち、変化を捉えていくことによって、より良い方法に管理していくことができるようになります。
特に、合併などによって、組織の拡大化・多様化が進んでいるような場合に、組織診断を行うことで、従業員の状態をきちんと把握できるようになります。

組織診断の考え方は1960年代から行われてきたものですが、昨今ではますます導入する企業が増えています。
労働人口の減少から生じる「人材不足」「長時間労働問題」「(多忙による)精神面も含めた健康管理」という問題を解決するために、組織診断が有効なためです。

会社や組織等に対する社員の満足度を把握したい、組織運営のどこに問題があるのかを明らかにしたい、という場合には組織診断がお勧めです。

組織診断