組織

主体性

主体性

組織

主体性とは、いかなる状況においても、自分で考え、判断し、行動することです。
主体性と似たような言葉に「自主性」がありますが、両者の違いは「自分で物事を考えているかどうか」という点です。
「自主性」では自分の頭で考える必要はありませんが、「主体性」では、自分の頭で考えなければなりません。

例えば、初対面の人とテーブル越しにあいさつを交わし、名刺交換をする場面になった場合を考えてみましょう。
もし事前に「テーブル越しではなく、相手のそばに自分から寄り添って名刺交換をするのが社会人のマナーだ」と上司から言われ、その通りに行動した場合は、それは自主的な行動です。
一方で、誰からもそういったアドバイスを受けていないのに、自らが「テーブル越しの名刺交換は失礼にあたるだろう」と解釈し、その通りに動けば、主体的な行動であると言えるでしょう。

主体性