採用

障がい者採用

障がい者採用

採用

障がい者採用とは、障がいのある方のために設けられた採用枠のことです。
民間企業は、障がい者を一定の割合で雇用する義務があります。
「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(精神保健福祉法)」には、「障がい者が地域の一員として共に暮らし、共に働くことは当たり前であり、一般労働者と同様に障がい者も常用労働者となる機会がある」と明記されています。
障がい者雇用促進法では、常用労働者の数に対する障がい者雇用の割合を設定し、達成義務を課しています。
これまでの法定雇用率の対象には「身体障がい者と知的障がい者」のみでしたが、平成30年(2018年)4月1日より、精神障がいのある方の雇用義務化が始まりました。
企業はこれからますます、障がい者採用にも目を向けて、人事体制を整えることが求められています。

障がい者採用