評価

視野

視野

評価

視野とは、目を動かさずに、一点を凝視したときに見える範囲のことです。
実際に目に映る景色を指す場合もありますし、意識として得られる情報を示すときもあります。

たとえばボールペンを凝視したときに、目を動かさなくても周囲の紙などを把握できます。その範囲が、目に映る景色のほうの「視野」です。
一方、あなたが営業の職務についているとしたら、上司がホワイトボードに書かれた数字を見て、売上に関する数字だと把握するかもしれません。これが意識で得られる「視野」です。

どちらの視野であっても、人によってどこまで「見える」のかは異なります。ペンのたとえの場合、紙のほかにデスクやパソコンが見える人もいるでしょう。数字の例では、今後の売上推移まで予測する人もいるかもしれません。”

視野