研修

センシビティ・トレーニング(ST)

センシビティ・トレーニング(ST)

研修

センシビリティ・トレーニング(ST)とは、心理学者であるクルト・レヴィンによって創り出された「感受性訓練」で、態度や行動の変化を目的とした能力開発訓練技法のことです。このトレーニングによって、状況に応じた行動が取れるようになりますす。
具体的には、以下のような手順で進めていきます。

1.内容について、何も知らされていない人たちが1つの会場(教室)に集める。
2.話せばよいのか、誰が何をするのかを一切決められていない状況下で、それぞれの反応を観察してもらう。
3.その後、自身の行動を振り返り、集団の形成過程において態度や行動に柔軟性があったのかを考えてもらう。

センシビリティ・トレーニングを行うことで、自主的な行動を習得させるきっかけとなるでしょう。

センシビティ・トレーニング(ST)