人事制度

戦略人事

戦略人事

人事制度

戦略人事とは、人材開発などの観点から経営戦略の実現を支援することです。
これまでの人事部は、事務処理や労務管理などといった、定型的な業務が中心として考えられてきました。しかし、今後のめまぐるしいビジネス競争で生き残るためには、マニュアルや制度のみにもとづいた「保守的な人事」を変えていかなければいく必要があります。
戦略人事の考え方は、人事研究の世界的権威者であるデイビッド・ウルリッチ教授が、1990年代に提唱しています。
ウルリッチによれば、人事部がプロジェクト管理にまで携わりながら人材配置を行うなど、より戦略的なものに変革することによって、企業間の競争に勝ち抜いていけます。

戦略人事