コンプライアンス

セカンドハラスメント

セカンドハラスメント

コンプライアンス

「セカンドハラスメント」とは、ハラスメントの二次被害にあうことです。
ハラスメントとは「嫌がらせ」のことですが、ハラスメントを受けた人がその被害について周囲に告白(相談)した際にセカンドハラスメントが起こります。
セカンドハラスメントのよくあるケースとしては、次のような3点です。

・嫌がらせをしている張本人の耳に入り、嫌がらせがさらにエスカレートしてしまう
・信頼できる人にハラスメントを告白したのに、その人から「そんなに騒ぐことじゃない」と逆に非難されてしまう
・相談に乗ってくれた人が、被害者と一緒に嫌がらせを受けるようになる

セカンドハラスメントの被害が起こるのを恐れ、当事者はなかなか周囲に言えず、泣き寝入りしてしまう場合もあるようです。

セカンドハラスメント