人材育成

さとり世代

さとり世代

人材育成

さとり世代とは、「ゆとり世代」の次の世代にあたる年齢層のことで、2010年代に 若年世代であった者たちが 物欲にこだわる煩悩から解脱し、あたかも悟りを開いているかのように見えたところから生まれた言葉です。無駄な努力や衝突を避け、浪費をせずに合理的に行動するといった特徴があると言われています。
「ゆとり教育」を受けた世代は1987年4月2日~2004年4月1日生まれの人で、その後は文部科学省の学習指導要領等が変更され、「ゆとり教育」が終了しました。
ゆとり教育が終了したあたりから、情報通信技術の進歩に伴い、インターネットが急速に発展してきました。日本の不況が続くなか、多くのネット情報を目の当たりにして育ってきた世代が「さとり世代」です。

コメントを残す

CAPTCHA


さとり世代