分析

細分化

細分化

分析

細分化とは、物事を細かく分けることで、「分業」「分類」などともいわれ、ひとつの難しいものを複数の簡単なものに変換する際に用いられる言葉です。
簡単なものにすれば、作業を行うときに手をつけやすくなります。簡単な作業になれば、コストも安くすみますし、分析するときにも、複雑に絡み合った要因よりも、細かくシンプルな要因のほうが調べやすくなります。
このように細分化により労働効率が上がったり、コスト削減につながったり、分析をしやすくなります。

細分化