人材育成

ロールプレイング(役割演技)

ロールプレイング(役割演技)

人材育成

ロールプレイング(役割演技)とは、疑似体験を行う研修の一種です。
具体的には、職場で経験するであろう場面を想定し、参加者一人ひとりが割り当てられた役割を演じていきます。役割を演じていくうちに、問題や課題が発生するようになり、参加者はいかに適切な対応するかが問われるものです。演技が終わった後にグループ全員で話し合い、必要であれば再演技を行っていきます。

ロールプレイングによる研修には、以下のようなメリットがあります。

・人の行動をみることで、自分の行動を客観的に捉えることができる
・自分の行動の何がいけないのかがすぐに分かる
・問題の対処方法における選択肢が増え、柔軟な行動が取れるようになる

新入社員のマナー研修、接客業や営業といったコミュニケーション能力が求められる研修など、様々な分野で実施されているのがロールプレイング(役割演技)です。

ロールプレイング(役割演技)