評価

理不尽

理不尽

評価

理不尽とは、合理的ではない方法・態度をとることです。
合理的は「物事の筋道が通っているさま」「論理にかなっているさま」「目的に合っていて無駄のないさま」という意味になりますが、そういった様子に反していることが理不尽といえます。
理不尽な人には以下のような特徴があります。

・仕事に無関係なことに文句をいう
・自分はいつも正しいと思っている
・他人に無理な要求をする
・急に怒り出すなど、感情の起伏が激しい

職場における理不尽な状況としては、「上司が何かと理由をつけて、部下に対して説教をしている」「同僚が、仕事のできる人とできない人で態度を変えている」「職場から近いという理由だけで、遅くまで残業を強いられている」といった事例が挙げられます。

理不尽