コンプライアンス

パワハラ

パワハラ

コンプライアンス

パワハラとは「パワーハラスメント」の略称で、職場の地位関係において優位にある者(社長・上司など)が、劣位にある者(従業員・部下など)に対して精神的・身体的苦痛を与える行為です。
これまでは上司から部下へのいじめ(嫌がらせ)が問題視されていましたが、近年では先輩から後輩へ、同僚から同僚へ、さらには部下から上司へのパワハラというケースも目立つようになりました。
パワハラの実態は様々ですが、「精神的な攻撃」「身体的な攻撃」「人間関係からの切り離し」「過大な要求」「過小な要求」「個の侵害」の6つのうち、いずれかに該当するといわれています。
企業が社内のパワーハラスメントを放置した場合、職場環境調整義務違反に問われ、加害者やその上司への懲戒処分などが求められることがあります。

パワハラ