人材育成

OJT

OJT

人材育成

OJTとは、「On-the-Job Training(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)」のことで、職務の現場における、業務を通して行う教育訓練を指します。簡単に言うと、「職場で仕事を実際に教える」という意味です。

部下が職務を遂行するために必要なスキルは、座学だけでは身につけられず、上司や先輩社員などが指導担当者となり、実際の業務に携わりながら教育する必要があります。
OJTの基本は、以下のとおりです。

・Show(お手本を見せる)
・Tell(説明する)
・Do(やってもらう)
・Check(評価する)

また、効率よくOJTを進めていくためには、次の認識が重要です。

・意図的である(どのような目的をもっているのか)
・計画的である(しっかりとした計画に基づいているのか)
・継続的である(反復的かつ段階的に実施されるのか)

OJTは通常業務と並行して行われる教育ですので、無理のないカリキュラムを組んで実施するのが適切です。

OJT