会議

オブザーブ

オブザーブ

会議

オブザーブとは、会議などにおいて、発言権はあるが、議決権を持っていないことです。
英語の「observe」は「注意する」「監視する」という意味です。
オブザーブをする人を「オブザーバー」と呼びますが、オブザーバーの役割は、会議が健全なものになるように観察したり、より良い事業に向けた提案したりすることです。
オブザーバーは第三者的な立場でもあり、会議への参加を特別に許される人として扱われます。
「部下への育成」という目的から、上司がオブザーバーの役割を担うケースもあります。

オブザーブ