コミュニケーション

ノンバーバル・コミュニケーション

ノンバーバル・コミュニケーション

コミュニケーション

ノンバーバル・コミュニケーションとは、非言語コミュニケーションのことです。
バーバル(verbal)は「言葉の」という形容詞であり、「ノンバーバル・コミュニケーション(non-verbal communication)=言葉に頼らない意思疎通」といった意味です。たとえば、ジェスチャーや態度、表情などがノンバーバル・コミュニケーション当てはまります。
心理学者のアルバート・メラビアン博士の研究によれば、「言葉以外の非言語的な要素で93%の印象が決まる」とのことです。

・視覚情報 (Visual) :見た目、身だしなみ、しぐさ、表情、視線 (55%)
・聴覚情報 (Vocal) :声の高低、速さ、大きさ、テンポ (38%)
・言語情報 (Verbal):話す言葉そのものの意味 (7%)

上記のように、一般的に主に用いられている言語的なコミュニケーションは、相手の印象の7%しか残していないことになります。人間の五感を多用したコミュニケーションのほうが、第一印象にも大きく影響することが指摘されています。

ノンバーバル・コミュニケーション