評価

レッテル

レッテル

評価

レッテルとは、ある人物や物事に対して、一方的または断定的な評価をすることです。
いわゆる「偏見」という意味合いでもあり、レッテルを貼られた当事者は、不快な思いを抱くようになるでしょう。
たとえば、「上司の言うことに従わない人間は生意気だ」「うつ病は甘えだ」「ゆとり世代は根性なししかいない」など。安易な発言により他者を傷つけてしまう場合がありますので、普段から事実を深く掘り下げる姿勢が重要です。

また、レッテルには「商品の目印として貼り付ける紙札」という意味もあります。
こちらは、商品の容器や包装に貼り付ける「値札(シール)」のようなイメージです。
原材料を記載したり、キャッチフレーズにより認知度を上げたりするときに便利なものといえます。

レッテル