スキル

ラテラルシンキング

ラテラルシンキング

スキル

ラテラルシンキングとは「水平思考」という意味です。情報処理の心理学者「エドワード・デボノ博士」が1967年に提唱した、創造的思考法で、前提をなくし、水平方向をイメージして自由に発想を広げる手法として活用されます。
ラテラルシンキングを用いることで、ユニークな発想が生まれやすくなり、既存のアイデアを組み合わせて、新たなイノベーションを起こすことも可能になります。

ラテラルシンキングに対し、ロジカルシンキング論理的思考)の手法は「垂直思考」と呼ばれます。ロジカルシンキングは、既成概念をもとに筋道を立て、深く掘り下げていく手法で、論理的に正しい結論を一つだけ導き出すため、多角的な時点かつ自由な発想により問題解決を図る場合には向きません。
これに対して、ラテラルシンキングは既成概念に囚われず、さまざまな結論を出せることから、近年注目を浴びています。

ラテラルシンキング