心理学

交流分析(TA)

交流分析(TA)

心理学

交流分析とは、心理療法における理論のひとつであり、人とのつながりを通じて個人の成長と変化を読み取ることです。
いわゆる「自己分析」として用いられる場合もありますが、自己分析では人間関係に役立つ自身の長所や短所に気づきにくいといわれています。
「自分の言動の裏づけとなる、本当の気持ち、考えを知り、自分の言動を誠実に周囲に伝えていく」ことを目指しています。
人とのつながりを通じた個人の成長と変化を知るためには、実際に誰かとコミュニケーションを図り、そこから様々なことを考えるという訓練が必要です。

ビジネスにおける交流分析の例としては、次のようなものが挙げられます。

・上司・部下・顧客など、仕事を進めていくうえでの関わり方を学ぶ
・働くという観点から、自分のコミュニケーションのクセを把握する
・とっさのシチュエーションで言ってしまった、自分の言動の本当の意味を考える
など

「交流」という観点から、人間関係の築き方を客観的に理解することが大切です。

交流分析(TA)