評価

考課者

考課者

評価

考課者とは、従業員の業績や能力を評価し、賃金改善・昇進等といった社内の処遇に反映させる立場の人間を指します。
多くの民間企業では「人事考課」や「人事評価」という言葉が使われており、考課者に特に求められるのは、部下の業務に関して、公平な評価項目にもとづいて判断する力とされています。
ちなみに考課と評価の違いについては、明確な違いというものはあまりありません。
あえて言えば、賃金等処遇面に対する狭義的なものを「人事考課」、能力開発や業務改善なども含めた広義的なものを「人事評価」と言います。

いずれにせよ、考課者による正当な評価結果が、今後の人材育成に大きな影響を与えるでしょう。
また、近年では考課者自身の能力を高める「考課者研修考課者訓練)」も重要視されています。

コメントを残す

CAPTCHA


考課者