分析

KJ法

KJ法

分析

KJ法とは、革新的アイデアを実現させる、創造性開発技法の一種で、「KJ」とは、考案者である「川喜田二郎」氏のイニシャルが由来しています。
KJ法の具体的な方法は、以下のとおりです。

・多くの情報を、1か所に集める。
・「分類(グルーピング)→評価(ラベリング)→図解化→文章化」という手順を踏む。
・本質的問題の特定、新たな問題解決策の発見を試みる。

川喜田氏が1967年に出版した著書『発想法』にKJ法が載っており、川喜田氏自身も企業や大学に出向き、KJ法の普及活動を行ってきました。その後は、企業や大学だけではなく、各地のワークショップでも活用されるようになった手法です。

KJ法