組織

活性化

活性化

組織

活性化とは、特定の機能についての反応が高まることです。
ビジネスにおいて、特定の機能といえば「組織」「集団」ということになります。
組織(集団)の活性化が起こると、チームの一人ひとりが目標に向かって活動するようになります。
経営学者である伊丹敬之氏と加護野忠男氏も「組織活性化」という経営戦略を提唱しています。

反対に、組織の活性化が起こらないと、従業員は目標を設定しようとせず、後ろ向きな姿勢で仕事に取り組むかもしれません。

コミュニケーションがあまり活性化していない職場においては、退職者が多くなるという傾向があります。
こうした問題を解消するためにも、組織と従業員の間に共通認識を持たせることが大切です。
組織は何を目指しているのか、従業員は何を求めているのか、意識の相違を解消することで活性化を促進していくことが必要です。

活性化