マーケティング

情報格差

情報格差

マーケティング

情報格差とは、情報通信技術(インターネットなど)を使える人、使えない人の間に差が生じてしまうことです。「デジタル・デバイド(デジタル・ディバイド)」と呼ばれることもあります(「デジタル(digital:情報技術)」を「デバイド(divide:分割する)」というニュアンスから)。

差を生じている対象によって、次のような情報格差が現実にあるとされています。

・国家間の情報格差:「技術発展の進む先進国」と「狩猟生活を続ける発展途上国」などとの間の情報格差
・地域間の情報格差:都市部と地方部などとの間の情報格差
・個人もしくは集団の情報格差:所有している情報端末の違いなどとの間の情報格差

情報格差