心理学

ジョハリの窓

ジョハリの窓

心理学

ジョハリの窓とは、「自身の認識」と「他者からの認識」の間に、ズレが生じていないかを理解する自己分析ツールです。
人は自分のことを分かっているようで、じつは見えない性格を多く隠し持っています。
「自分をどれだけ表現できているのか」と「周囲は自分をどう判断しているのか」というギャップを知ることで、気づきが生まれます。
その結果、自分の短所に気づいたり、円滑なコミュニケーションの仕方を習得したり、自己成長につながるきっかけを見つけることができるようになります。
「ジョハリ」とは、サンフランシスコ州立大学の二人の心理学者「ジョセフ・ルフト」と「ハリー・インガム」のファーストネームに由来しています。「窓」は、人間の心にある4つの領域(開放、盲点、未知、秘密)を“窓”に例えたところからきています。

ジョハリの窓