インシデント・プロセス

インシデント・プロセス

インシデント・プロセス法とは、実際に起こった小さなできごと(インシデント)をテーマについて、質問を次々と投げかけていく思考法です。インシデント・プロセス法が採用されるのは事例検討会などであり、事例提供者に対して参加者が問題解決のアイデアを提案していくスタイルです。
もともとは、マサチューセッツ工科大学のピコーズ教授が提唱した事例研究法のひとつでした。
問題の発端となるインシデントしか提示されなくても、そのインシデントの背景・原因に関して様々な情報を収集していき、分析・対策を考えていきます。
インシデント・プロセス法を行うことで、情報収集力や分析力の能力を養えるようになります。また、管理部門に携わるビジネスパーソンにとっての評価ツールとしても知られています。

インシデント・プロセス