人事制度

評価制度

評価制度

人事制度

人事評価とは、生産性の向上や企業の業績アップを目的とし、適正な評価基準にもとづいて社員のスキルや貢献度をチェックすることです。
「査定」「人事考課」などと呼ばれることもあり、今後の育成を視野に入れたうえで評価をする必要があります。

一般的な評価フローは、以下のような流れになります。

「評価対象の決定」→「評価項目の設定」→「評価基準の決定」→「評価の実施」→「評価結果の決定」→「評価結果のフィードバック

一般的には、四半期や半年、1年といったように、企業ごとに一定の評価期間を設け、さらに等級制度や報酬制度など企業独自の基準から評価を行います。
評価においては、主観や感情が入り込むことのない、正当な人事評価制度を整えることが大切です。

コメントを残す

CAPTCHA


評価制度