経営

普遍的

普遍的

経営

普遍的とは、ほぼすべてのものに共通しているさまを言います。
「すべてのもの」といっても、その範囲は人それぞれですが、例えば「書類」を例にとれば、それを「文字で書き写したもの」と解釈すればメモ用紙1枚でも「書類」になりますし、「事務や記録などに関する文書」という狭い定義での「書類」だと、メモ用紙は書類扱いになりません。
そう考えれば、ビジネスでは「ある範囲について、きわめて多くの物事にあてはまるさま」と定義するべきなのかもしれません。
ちなみに、「普」も「遍」も 「全体に行きわたること」を表します。「的」は「その性質を帯びている状態(さま)」です。また、「普」には「全体に行きわたるが、全部ではない」という意味合いもあります。「スマートフォンが普及した」といっても、実際にはスマートフォンを持っていない人も存在しているのは、そのためです。

普遍的