採用

外国人採用

外国人採用

採用

外国人採用とは、国際的な競争力強化を目指すために、日本人以外の人材を雇用することです。
昨今では、労働力人口の減少が懸念されており、今後ますます人手不足が進むと予想されています。2050年前後には日本の人口が1億人を下回るといわれており、それに伴い、日本人労働者が減り、国内顧客に対する売上も伸び悩むことになります。
厚生労働省のデータ(「外国人雇用状況」の届出状況 )によると、2016年10月時点で、外国人労働者数は1,083,769人と初めて100万人を突破しており、今後も外国人労働者数が増えると予測されています。
外国人労働者が日本で働きたい理由は、母国より給料が良い、日本語の勉強がしたい、若いうちに海外でキャリアを積みたいなど様々です。今後、多くの企業が外国人の労働意欲をうまく取り入れる必要があります。

外国人採用