エビデンス

エビデンス

エビデンスとは、根拠となるもののことです。
「証拠」「根拠」「形跡」という意味をもつ英語の「evidence」に由来します。
エビデンスの意味合いは業界によって少し異なり、IT業界では「プログラムやシステムが要望どおりに動作しているのかを証明できるもの」というニュアンスですが、医療業界では「治療の裏づけ」という意味合いになります。病気を治療する上で、臨床結果などの治療の裏づけであるエビデンスがあって、はじめて「効果がある」「適切である」と証明することができます。学術的にはエビデンスは「科学的根拠」のことを指します。
ビジネスにおいては、「証拠」「裏づけ」という意味で使われ、口頭での「言った」「言わない」のトラブルを防ぐために、たとえばメールで先方からの承諾などを残すといった形でエビデンスを残すことが求められます。
たとえば、金銭的な契約や請求書など、商品の発注数、販売数、商品単価などの数字が絡んでくる書類を扱う際には、不透明な点があるときには特にきちんと証拠を残しておくことで、双方にとっての安心感につながります。

エビデンス