人事制度

ダイバーシティ

ダイバーシティ

人事制度

ダイバーシティとは、「多様性」を表す概念ですが、昨今では、性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価値観などの多様性を受け入れ、広く人材を活用することで生産性を高めるマネジメントを指しています。
企業がダイバーシティを推進することで、企業にとって次のようなメリットが生まれます。

・優秀な人材の獲得
イノベーションの創出
・従業員のモチベーション向上
・雇用の機会均等(国籍、人種、性別、障がいの差別がない、多様な働き方の実現)など

ダイバーシティはアメリカでは1990年代からすでに広まっており、近年では日本も「女性活躍社会の実現」「ワークライフバランス」「同一労働同一賃金(正規・非正規の待遇差改善)」といった動きが進んでいます。
企業側は今後とも、市場の要求を踏まえ、多様な人材を活かし、最大限の能力を発揮させる環境整備に努めることが重要です。

ダイバーシティ