採用

ダイレクトリクルーティング

ダイレクトリクルーティング

採用

ダイレクトリクルーティング」とは、企業が自ら積極的に求める人材を探し出し、直接アプローチを行うことです。
採用活動の方法の一種であり、近年では経営者、役員、採用担当者が自ら候補者を見つけ出してアプローチする場合もあります。
従来の採用活動方法では、いわゆる「待ち」のスタイルでしたが、SNSや外部データベースを活用することで、「攻め」の採用スタイルをとる企業が増えています。
Webツールを活用して自社をアピールすれば、大手企業に流れてしまっていた優秀な人材を採用できるチャンスが生まれます。
企業自らが人材データベースから求める人材を探し、直接連絡を行う方法もあります。
いずれにせよ、企業側から直接的に応募者へと接触する動きが重要です。

ダイレクトリクルーティング