分析

クリティカルシンキング

クリティカルシンキング

分析

クリティカルシンキングとは、批判的思考のことです。
結論に至るまでに、「本当にそうだろうか?」という疑いを抱きながら客観的な視点で問題に向き合います。
思考の論理や情報収集、分析結果など、様々な要素をきちんと確認することで、より良い結論にたどり着く可能性を高めます。
批判的な思考は、一度で終わりにせず、繰り返し「本当にそうだろうか?」と問いかけることが大切です。
クリティカルシンキングでは、「目的は何かを常に意識する」「思考のクセがあることを踏まえたうえで、物事の真偽を確認する」といったポイントも重要です。
アメリカでは、小学生の頃からクリティカルシンキングのスキルを意識した学習が行われています。

クリティカルシンキング