レッテル

レッテルとは、ある人物や物事に対して、一方的または断定的な評価をすることです。 いわゆる「偏見」という意味合いでもあり、レッテルを貼られた当事者は、不…

固定概念

固定概念とは、主観的な思い込みのことです。 本来、固定概念は「固定観念」の誤用ともいわれているのですが、「ら抜き言葉」や「さ入れ言葉」のように、昨今で…

視界

視界とは、目を動かしたときに見える範囲のことです。 頭を動かすことなく、目だけを右へ左へ、上へ下へ、そして斜めへと動かしてみてください。そうすると、自…

視野

“視野とは、目を動かさずに、一点を凝視したときに見える範囲のことです。 実際に目に映る景色を指す場合もありますし、意識として得られる情報を…

視座

視座とは、物事を見るときの姿勢・立場のことです。 たとえば、オフィスに顧客が来訪があったとき、出迎えたあなたは顧客を会議室に案内し、事務職員のひとりが…

理不尽

理不尽とは、合理的ではない方法・態度をとることです。 合理的は「物事の筋道が通っているさま」「論理にかなっているさま」「目的に合っていて無駄のないさま…

動機づけ

動機づけとは、「行動を起こしやすくなるようにすること」です。「モチベーション」とも呼ばれ、やる気を引き出すための要因を指します。 動機づけは行動の心理…

公平

公平とは、すべてのものを同じように扱い、判断や処理などに偏見がないことを意味します。 いわゆる「えこひいきをしない」「仲間はずれにしない」というのが、…

平等

平等とは、差別がなく、誰もが等しい状況であることです。 「誰もが納得いく」「個人の能力や成果に関係なく、一定の規則通りに成り立っている」ことはビジネス…