研修

ケース・スタディ(事例研究法)

ケース・スタディ(事例研究法)

研修

ケース・スタディ(事例研究法)とは、 実際のできごとを研究することで、問題解決に必要な力を身につける学習方法です。
もともと研究の分野で使われる言葉であり、ひとつの社会的単位(個人・家族・集団・町など)をテーマに取り上げ、その生活過程を分析していきます。その後は社会的・文化的背景と関連させ、一般法則を見い出していく手法です。
ビジネスにおいては、いわゆる疑似体験を数多くこなし、「経験したことがある」という状態に近づけていくことがポイントです。経験により「慣れ」が生まれると、問題解決に必要なケース(事例)から、リスク回避、時間短縮などにつなげられるようになるでしょう。
とはいえ、疑似体験を数多くこなすだけでは高い学習効果を期待できません。結果や原因などをきちんと研究し、問題解決に必要な力を高めていきます。

ケース・スタディ(事例研究法)