福利厚生

カフェテリアプラン

カフェテリアプラン

福利厚生

カフェテリアプラン(cafeteria plan)とは、選択型福利厚生制度のことです。
様々な福利厚生メニューの中から、社員ひとりひとりが自由に選んで利用できるのが特徴です。
たくさんある食べ物や飲み物が用意されており、幅広い選択肢の中から注文できる「カフェテリア方式」が由来になっています。
カフェテリアプランは1980年代にアメリカで広まり、1995年には日本で初めてベネッセコーポレーションが導入しました。
現在では、福利厚生メニューも充実しており、国内企業でも多く取り入れられています。
たとえば、住宅や育児、医療、介護、自己啓発、旅行など。従業員の多種多様なニーズに応えるためにも、カフェテリアプランの取り組みが重要になります。

カフェテリアプラン