組織

平等

平等

組織

平等とは、差別がなく、誰もが等しい状況であることです。
「誰もが納得いく」「個人の能力や成果に関係なく、一定の規則通りに成り立っている」ことはビジネスの上も重要です。
ただし、人事評価においては、「公平な評価」は必ずしも求められません。
なぜなら、人事評価は会社のパフォーマンスを高めるためのものなので、「公平な評価を実現すること」ではないからです。
たとえば数字を優先して評価するのか、チームにおける役割貢献で評価を行うのかは、会社によって異なります。一方において高評価された人は、そうではない人にとって不平等に映るかもしれません。「公平さ」は人によって大きく異なるのです。
その上で、性別や年齢、国籍などを問わないダイバーシティの職場環境の中で、平等に人を評価することも重要になってきています。

平等