マーケティング

忘却曲線

忘却曲線

マーケティング

忘却曲線とは、何かを暗記した後にどれだけ覚えているか、もしくはどれほど忘れていたのかを示す曲線です。
ドイツの心理学者であるヘルマン・エビングハウスは、「無意味なつづりを暗記させたあとの保持率」を明らかにするために実験を行いました。
その結果、次のような結果が得られました。

・20分後には、42%を忘却し、58%を覚えていた。
・1時間後には、56%を忘却し、44%を覚えていた。
・1日後には、74%を忘却し、26%を覚えていた。
・1週間後には、77%を忘却し、23%を覚えていた。
・1ヶ月後、79%を忘却し、21%を覚えていた。

エビングハウスの実験から、何かを暗記しても次の日には急激な忘却が起こり、その後の忘却に関しては緩やかに起こることが判明しました。

忘却曲線