アルバイト・パート採用

アルバイト・パート採用

アルバイト・パート採用とは、短い時間での勤務を目的として従業員を雇うことです。
厚生労働省のパートタイム労働法(短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律)の第2条では、次のように定義されています。

『この法律において「短時間労働者」とは、一週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者(中略)の一週間の所定労働時間に比し短い労働者をいう』

アルバイトとパートの違いについては、法律により定められていません。一般的には、アルバイト=学生、パート=主婦(主夫)というイメージがもたれています。
アルバイト・パート採用を取り入れることで、企業側では、繁忙期や閑散期にあわせた人員配置数(人件費)の調整をしやすくなります。

アルバイト・パート採用