アンガーマネジメント

アンガーマネジメント

アンガー(anger)は、怒りを意味する英単語。
アンガーマネジメントとは、人間の「怒り」や「いら立ち」といった感情面に着目し、それらを上手にコントロールすることで、「不機嫌な職場」を減らしていくことです。
ビジネスにおける「アンガー」は、「モチベーション」と同じくらい重要なものですが、会議で過激な発言をしたり、電話対応のマナーに納得がいかずつい声を荒げたり、交渉の場で感情的になってしまうというような行動は、一般的な経営管理において、合理的ではない、ふさわしくない立ち居振る舞いとされます。
もしそういった状況に陥ってしまったときには、たとえば自分自身を一歩引いて客観視する「メタ認知」を行うことが大切です。原因や傾向を客観的に把握することで、衝動的にならず、自分で抑制できるように習慣づけることによって、そのような状況をコントロールできるようになります。
近年では「職場の人間関係を良好にする」といった目的から、アンガーマネジメントを社員研修などに導入する動きも広がっています。

アンガーマネジメント