分析

AIDMA

AIDMA

分析

AIDMAとは、顧客(ユーザー)の購買意欲がどの段階にあるのかを見きわめる手法です。
1920年代にアメリカの著作家「サミュエル・ローランド・ホール氏」が提唱した概念です。

AIDMAは、顧客(ユーザー)が商品やサービスを購買することを決定するまでの過程(プロセス)を5つに分解し、それぞれの頭文字をとったものです。

・Attention:商品やサービスについて注目する
・Interest:興味を持つ
・Desire:「欲しい」という欲求が起こる
・Memory:商品やサービスについて記憶する
・Action:購買行動が起こる

この5つの過程における顧客(ユーザー)への適切なコミュニケーションは、それぞれ異なります。

AIDMA