アクティブリスニング

アクティブリスニング

アクティブリスニング(積極的傾聴)とは、カウンセリングにおけるコミュニケーション技法のひとつで、カウンセラーが相手の言葉を進んで「傾聴」する、というものです。
傾聴は単に相手の話を聞くだけでなく、「真剣に聞く」ということで、相手の会話に注意を払って丁寧に耳を傾けるような状態です。

アクティブリスニングは1957年に米国の臨床心理学者カール・ロジャースが提唱したものです。
ロジャースは「カウンセリングの父」とも呼ばれており、「カウンセリングの使命は、クライアント(相手)の成長と可能性の実現を促す環境を作ることにある」という考えのもと、アクティブリスニングを考案しました。
アクティブリスニングを用いると、相手の言葉の内側にある「事実」や「感情」を積極的に把握できるようになります。それにより、話者自身が抱える問題の本質を明らかにし、手助けにつなげることができます。
ビジネスにおいてもアクティブリスニングを心がけ、上司や同僚、部下、顧客など、様々な相手との信頼関係を築くことが大切です。

アクティブリスニング