アクティブラーニング

アクティブラーニング

アクティブラーニングとは、能動的に学習に励むことです。
これまでの学習方法は、学校の授業や講演会で行われているように、教師・講師が一方的に知識や情報を提供し、生徒・受講者がそれを傾聴するというものが主流でした。
これに対して、昨今注目を浴びているのが「参加型の学習環境」です。
生徒・受講者が「参加」することにより、様々な意見を知る機会を増やし、従来の学習ではあまり体験できなかったことを学べるようになります。この「体験」こそがアクティブラーニングの最大のメリットです。

アクティブラーニングは、もともとはアメリカの大学で始まった学習法ですが、近年では徐々に日本の大学にも取り入れられ、小・中・高校などの学校教育でも広く普及しています。また、「柔軟な対応力を持つ人材が育成できる」ということから、人材育成を目的とした企業研修でも採用されることが多くなっています。

アクティブラーニング