アクションラーニング

アクションラーニング

アクションラーニングとは、なかなか解消できない現実的な問題・課題に対して、数人のチームでリフレクション(振り返り)する学習手法です。
世界トップ45社の多国籍企業のうち、半数以上がアクションラーニングを取り入れているといわれます。
効果的な「action=行動」+「learning=学習」を学ぶことで、チーム全体として問題の本質を見抜けるようになります。

アクションラーニングでは、まず少数のグループごとに分かれ、質問を中心としたディスカッションを行います。
次に、自分の質問がどうだったのか、他のメンバーの質問について自分はどう思ったかなどを客観的に振り返ります。
最後に、言語化された課題に対するひとりひとりの「気づき」を集め、メンバー間で共有し合います。

アクションラーニング