心理学

ABCモデル

ABCモデル

心理学

ABCモデルとは、人が行動する要素を3つに分けた、行動科学マネジメントの一種です。
3つとは、「A=Antecedent(先行条件)」「B=Behavior(行動)」「C=Consequence(結果)」。この先行条件として、目標、ゴール設定、情熱など、いわゆる「行動を起こすきっかけ」があります。

たとえば、寝ているときに目覚まし時計の音で目を覚ますように、人は条件があるからこそ行動を起こします。その後、「目覚まし時計の音を止めたい」という目標(A=先行条件)のもと、体を起こし(B=行動)、目覚まし時計の音を止めます(C=結果)。ABCモデルでは、このように人の行動とその結果には何かしらの目的があると考えます。
一般的には、動機づけ目標設定が重要視されがちですが、行動科学マネジメントにおいてはC(結果)が重要と考えられています。

ABCモデル